2 day`s shop & Part2.day's shop OPEN !!

たけのこご飯&お知らせ

             掘りたてのたけのこを使ってクッキングママを開催!!
b0103607_11403464.jpg


b0103607_11405589.jpg


             今回は、土鍋と炊飯器、両方を使って炊いてみました。

              たけのこと油揚げを手分けして切り、甘辛く煮ます。

b0103607_11453134.jpg




              部屋中がおいしそうな匂いに包まれ始めると、
              何処からかフライパンに忍び寄る手と手・・・・・、
              味見ということで手と手に、たけのこをのせてあげました。


             土鍋でご飯が炊けることは解っていても、実際どうやって炊くか
             知らない小さな料理人さん達だったので、
             今回は、クイズ形式で炊き方を教えました。

             お鍋にお米とだしを入れて30分ほど浸したあと、
             さぁ火を入れます。では火は強火?弱火?
             答え 強火!!

             じゃ~どのくらい強火にしておくの?
             答え お鍋のふたの淵がプクプクするまで!!

             プクプクしたら何火にして何分?
             答え 弱火  10分(今回は3合で、最後の1分だけ強火にしました。)

             弱火で10分たったら蓋を開けていいか??
             答え ×  15分そのままにしてね!
             出来ればこのとき、蓋とお鍋の間にきれいな布巾をかまして
             蓋についた水滴が炊けたご飯に落ちないようにすると◎

                       そして 出来上がり~

b0103607_11512497.jpg

  
            出来上がり写真を撮ろうと思ったら、凄い勢いでごはんが減っていました。

b0103607_1233564.jpg


            土鍋と炊飯器のどっちがおいしいかな?の質問に
            みんな土鍋~!!おいしい~!!
            実は、炊飯器は炊きたて、土鍋はその前に炊けて少し冷めていましたが、
            土鍋の勝利!!でした。
            食べ終わった後にもう一度炊き方をおさらいして終了!!



                   夕方に、素敵なプレゼントが到着・・・・・・・・、
        前日にたけのことお芋をおすそ分けした(我が家にとってとても大切な)方から、
                      お礼の逸品が届きました。

b0103607_12115776.jpg


b0103607_12121226.jpg


                    鶏肉と卵の燻製をいただきました。
             とってもおいしくて、みんなあっという間に完食しました。



お知らせ

明日は、何の日?????忘れていませんか?

明日はChiffon Chiffonさんの週に一回のお店OPENの日ですよ~

b0103607_12483174.jpg




















そしてそのChiffonさんのお家見学が出来る日があるのを知っていますか?
もしかしたらもう定員いっぱいかもしれませんが、ご希望の方はお問い合わせを!!
詳しくは↓のOKANIWA DESIGN & OKNIWA WORKSまで





そして そして Part2.day’s shop&2day's shopでおなじみの子ども服のPepinoさんが
青山のギャラリーで展示会をされます。






Part2.day's shopでもこちらのおはがきがあります。


5月ワークショップスケジュール

☆ ベビーマッサージ 5月23日(金)10:30~12:00

☆ 毛筆で自分の名前をきれいに書いてみませんか? 5月30(金)10:30~12:00

                                    両ワークショップともおもてなし付

*両ワークショップとも非公開コメントにてご予約承ります。
 お名前・連絡先・ワークショップ名をご記入下さい。
SHOPでも予約承ります。

5月営業日




☆Chiffonさんのお家見学会、Part2.day's shopのご案内希望の方はこちらからOKANIWA DESIGN & OKANIWA WORKS
[PR]
<< GW 田植え >>